院長・スタッフ紹介|まつしたこどもクリニック

山梨県の小児科[まつしたこどもクリニック] ご相談・ご予約はこちら 055-269-6711

山梨県の小児科[まつしたこどもクリニック]

TOPページ > 院長・スタッフ紹介

院長・スタッフ紹介

院長からのごあいさつ

こんにちは。
まつしたこどもクリニック院長の松下香子(まつした きょうこ)です。
この度、ここ山梨県の昭和町に開業させていただくことになりました。
地域医療に少しでも貢献できるように努めていきますので、よろしくお願いいたします。
以下にクリニックの診療理念を示します。

☆どんな小さなことでも、笑顔で親身になって対応いたします。

親子ともに、心も体も健康であるためのお手伝いをしていきたいと思います。
以前勤めていた病院で、「こんなことで来てすみません。」と恐縮していたり、なんだかお母さんの方が元気がなく落ち込んでいる様子だったり、子供を静かにさせないと迷惑だろうと周りを気にされるあまり、いらいらとこどもを怒鳴りつけているお母さんをよく目にしました。具合の悪い、機嫌の悪いお子さんを病院に連れてくるのは、家庭での看護疲れも重なり、親御さんもつらいだろうなと思っていました。
そのためクリニックを開院した際には、もっと気軽にどんな小さなことでも相談しに来やすい雰囲気を作っていたいと思っていました。どんなことでも納得がいくまで聞いて欲しいし、時には親御さんの体調の相談にも乗ってあげられればと思います。
親御さんが心身ともに健康でなければ、お子さんもつらい思いをしてしまいます。
スタッフ一同、いつでも笑顔で思いやりを持って対応していきたいと思います。

☆親御さんやお子さんの意思を一番に尊重し、説明と同意(インフォームドコンセント)に基づいた診療をいたします。なるべくわかりやすい言葉での説明に努めます。

なるべく親御さんに安心して帰っていただけるようにわかりやすい説明に努めようと思ってはいますが、
わかりにくかった場合、納得しかねない場合は、遠慮せずに聞いていただきたいです。
決して一方通行の押し付けにならないように、親御さんやお子さんの納得のいく上での医療を提供します。

☆日々の勉強をおこたらず、質の高い医療を提供していきます。

こども達を取り巻く環境も日々変化しつつあり、アレルギー疾患の低年齢化、感染症でいえば耐性菌(抗生剤の効かない菌)の増加、新型インフルエンザやSARSなどの新しいウイルスの出現など、心配の種はつきないですが、そのような変化にも敏感に対応し、話題を提供していきたいと思います。
従来とは違った治療法がスタンダードとなり、進歩していく医療に遅れないように、日々勉強していきたいと思います。

 まつしたこどもクリニック スタッフ

院長経歴

平成4年3月
山梨医科大学(現 山梨大学)卒業
平成4年4月
東京医科歯科大学付属病院小児科
千葉市立海浜病院小児科
平成7年10月
山梨厚生病院小児科
山梨県立あけぼの医療福祉センター小児科
国立療養所西甲府病院小児科
平成14年6月
社会保険桜ヶ丘病院小児科
静岡県立こども病院腎臓内科
平成18年9月
加納岩総合病院小児科
平成21年4月
塩山市民病院小児科

所属学会:
日本小児科学会、日本外来小児科学会、日本小児腎臓病学会、
日本腎臓学会、日本小児アレルギー学会


TOP | 診療案内 | 院長・スタッフ紹介 | 医院・設備紹介 | アクセス | Q&A
Copyright(c) 2011 Matsushita Child Clinic. All Rights Reserved.